日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

12月1日 例会予告

論題:「和辻哲郎の日本古代文化観--『日本古代文化』を中心に」
報告者:路剣虹

以上でよろしくお願いいたします。
PageTop

11月24日 例会予告

11月24日の報告は二人構成で行います。二人目の予告が以下となります。

論題:「近世伊勢神道の基礎的研究」
報告者:肖月
参考文献:
安蘇谷正彦『神道の生死観』ぺりかん社、1989年 
平泉隆房『中世伊勢神宮史の研究』吉川弘文館、2006年
土田健次郎編『近世儒学研究の方法と課題』汲古書院、2006年
樋口浩造『江戸の批判的系譜学 ナショナリズムの思想史』ぺりかん社、2009年
下川玲子『朱子学普遍と東アジアー日本・朝鮮・現代』ぺりかん社、2011年
高橋美由紀『神道思想史研究』ペりかん社、2013年
島薗進・高埜利彦・林淳・若尾政希編『神・儒・仏の時代』(2)春秋社、2014年
上野秀治編『近世の伊勢神宮と地域社会』岩田書院、2015年
中野敏三『書誌学談義 江戸の板本』岩波書店、2015年
ジョン・ブリーン編『変容する聖地・伊勢』思文閣出版、2016年
本村昌文『いまを生きる江戸思想』ぺりかん社、2016年

博論の構想を中心に報告する予定でよろしくお願いいたします。





PageTop

11月24日 例会予告

論題:
「近世後期対馬における朝鮮認識――小田幾五郎を中心として」
報告者:松本 智也

参考文献:
・石川寛「対馬藩の自己認識――「対州の私交」の検討を通じて――」(九州史学研究会編『協会のアイデンティティ』岩田書院、2008年)
・川端千恵「対馬藩朝鮮語通事の朝鮮認識――大通詞小田幾五郎を中心に――」(『文化交渉 東アジア文化研究科院生論集』創刊号、2013年)
・許芝銀「쓰시마 朝鮮語通詞 오다 이쿠고로[小田幾五郎]의 생애와 대외인식 ―『通訳酬酢』을 중심으로―」(『동복아역사논총』30、2010年 のち『왜관의 조선어 통사와 정보유통』景仁文化社、2012年)

積極的にご参加・ご助言、よろしくお願いします。
PageTop

11月17日日本 例会予告

本日の報告者は二人となります。


論題:劉師培のナショナリズム思想をめぐって
報告者:方阿離
『劉師培全集』中共中央党校出版社
『劉師培年譜』広陵書社
『天義』(『中国資料叢書』6)株式会社 大安
嵯峨隆『近代中国の革命幻影:劉師培の思想と生涯』研文出版、1996


論題:江戸中期の医学思想に関して―古医方を中心に―
報告者:向静静
参考文献:
1、小曽戸洋『新版漢方の歴史』大修館書店、2014年
2、京都府医史会『京都の医学史』思文閣出版、1980年
3、小川艇三『医学の歴史』中央公論社、1884年
4、辻哲夫『日本の科学思想』中央公論社、1973年
5、大塚敬節•矢数道明編『近世漢方医学書集成13 後藤艮山•山脇東洋』名著出版、1979年

以上宜しくお願い致します。


PageTop

11月10日 例会予告

論題:軍事諮問機関小論
報告者:山口一樹

山口一樹
PageTop