fc2ブログ

日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。

2022年8月5日(金)の例会予告

題目:近世儒学の成立と李文長
発表者:立命館大学准教授 谷 徹也 先生
日時: 2022年8月5日(金)18時~20時
場所: Zoomでオンライン開催(参加希望者は前日までにshisoshiken@gmail.comにご連絡ください。)

 李文長――被虜人や文化人、易学者、そして儒者という多様な顔を有していたこの人物は従来、日朝関係史や美術史の分野でわずかに知られるに過ぎなかった。日本の思想史研究において脚光を浴びることはなかったが、その影響や人的交流の広さを知れば、「もう一人の姜沆」と捉えることも首肯されるだろう。
 本報告では、先行研究の成果に導かれながら、李文長の足跡を丁寧に掘り起こす。そのうえで、李文長という存在が近世の思想界においてどのように記憶され、また忘却されていったのかを分析することによって、彼の思想的位置、及び日本における近世儒学の成立過程を見通したい。かかる試みは同時に、東アジアの「近世化」論にも新たな一面を切り拓くだろう。

《参考文献》
桂島宣弘「姜沆と藤原惺窩――十七世紀の日韓相互認識」荒野泰典ら編『日本の対外関係
』5、2013年
학술저「李文長과 그의 시대 ――德川時代를 예견한 조선의 儒學者――」(黄昭淵「李文長とその時代――徳川時代を予見した朝鮮の儒学者――」)『日本學研究』37(韓国)、2012年

2022年8月5日_page-0001
PageTop

2022年7月29日(金)の例会予告

日時:2022年7月29日(金)18時~
場所:Zoomでオンライン開催
輪読文献:丸山眞男「歴史意識・政治意識・倫理意識」『丸山眞男話文集』第2巻

(1)
担当箇所:前半(一部省略)206~234頁
担当者:神戸大学人文学研究科 王小梅

(2)
担当箇所:後半(一部省略)249~276頁
担当者:大阪大学人間科学研究科 眞田航
PageTop

『日本思想史研究会会報』第39号投稿論文募集の御案内

皆様

文月の候、皆様におかれましては、益々御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素より大変お世話になっております。
『日本思想史研究会会報』第39号の投稿論文募集の御案内を差し上げます。
第39号の発刊日程及び投稿規定は下記の通りです。
また投稿に当たっては、必ず添付の投稿規定、執筆要領、作成例、会報投稿申請書を御参照ください。
皆様からの御投稿をお待ちしております。

発刊日程
 ・投稿論文提出締切:2022年10月31日(月)
 ・投稿論文審査結果通知:2022年12月7日(水)
 ・発刊:2023年3月
投稿規定
 ・投稿資格
  投稿資格は特に設けておりません。どなたでも投稿できます。
  ※非会員の方は掲載決定後、新規入会を推奨します。
 ・書式・分量・種類
  1)分量(注を含め)
   論文は16000字前後、研究ノートは8000〜12000字、書評は4000〜8000字、
   それ以外の投稿につきましては、弊会が適当と判断したもののみ受け付けます。
  2)必ず執筆要領及び作成例に準拠して、原稿を執筆してください。
 ・投稿方法
  1)原則として、ワードファイルを電子メールに添付して提出してください。
   原稿送付先:shisoshiken@gmail.com
  2)印刷時の体裁を確認するため、原稿のPDFも御送付ください。
  3)投稿者は別に「会報投稿申請書」(添付)に必要事項を記載し、原稿と併せて御送付ください。
 ・その他
  投稿原稿につきましては、編集委員会の審査もしくは弊会の例会で報告していただいた上で、掲載を決定いたします。
  例会での報告を御希望の場合、投稿の際にその旨をお伝えください。
 ・投稿に関するお問い合わせ
  立命館大学大学院文学研究科日本史研究室 日本思想史研究会
  shisoshiken@gmail.com
 ・投稿規定、執筆要領、作成例、会報投稿申請書のファイルのダウンロード
  ファイルのダウンロード

また論文の形式につきましては、同じく添付の「会報39号執筆要領」並びに「会報39号作成例」を必ずご一読の上、規定に則った論文執筆をお願い申し上げます。

会員の皆様方の玉稿を、心よりお待ち申し上げております。
PageTop

2022年7月15日(金)の例会予告

日時:2022年7月15日(金)18時~
場所:Zoomでオンライン開催
輪読文献:
・丸山眞男「日本における倫理意識の執拗底音」『丸山眞男別集』第3巻、197~228頁
・丸山眞男「政事の構造」『丸山眞男集』第12巻、205~239頁

(1)
担当箇所:「日本における倫理意識の執拗底音」
担当者:立命館大学文学部 松原直輝

(2)
担当箇所:「政事の構造」
担当者:立命館大学文学研究科 福井優
PageTop

2022年7月1日(金)の例会予告

日時:2022年7月1日(金)18時~
場所:Zoomでオンライン開催
輪読文献:丸山眞男「歴史意識の「古層」」『丸山眞男集』第10巻、3~64頁

(1)
担当箇所:前半(3~30頁)
担当者:佛教大学大学院文学研究科 渡勇輝

(2)
担当箇所:後半(30~64頁)
担当者:総合研究大学院大学文化科学研究科 吉川弘晃
PageTop