FC2ブログ

日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。

ディスカッション(2月23日)

 日本思想史研究会ディスカッション
 題目:「丸山眞男と吉本隆明――戦後「民衆」論の対立と交錯」
 日時:2021年2月23日(火)17時~(19時から懇親会を予定)
 会場:Zoomでオンライン開催
    参加を御希望の方は、2月22日までに下記のメールアドレスに御連絡を下さい。
    shisoshiken@gmail.com

 内容:
 報告1「丸山眞男の「大衆」観――変革可能性の模索」
                          平石知久(関西学院大学)
 報告2「戦後日本における吉本隆明の大衆論の射程と市民民主主義」
                          王小梅(神戸大学大学院)
 報告3「丸山学派と「民衆」――神島二郎と藤田省三を中心に」
                          福井優(立命館大学大学院)

 講読文献:
 丸山眞男・佐藤昇「現代における革命の論理」『丸山眞男座談』4巻、岩波書店、1998年、138~151頁
 吉本隆明「情況とはなにか」『吉本隆明全著作集』13巻、勁草書房、1969年、337~372頁
日本思想史研究会2月23日ポスター(1)_01
PageTop

2021年1月26日(火)の例会予告

題目: 「八紘一宇」理念とナショナリティ――被包摂国側からの逆用事例を通じて
発表者: 立命館大学文学研究科D1 中井悠貴 
日時: 2021年1月26日(火)18時~
場所: Zoomでオンライン開催(参加希望者は前日までにshisoshiken@gmail.comにご連絡ください。)

要旨:
満洲事変、特に1937年の日中戦争勃発以降、「日本」のナショナリティを独占的に体現した国体を「擬似普遍化」し、あらゆる「国家」「民族」を取り込んで無限に膨張していくことを正当化する「八紘一宇」理念が台頭した。この理念は、当該期の対外膨張に呼応した、「日本=世界」認識に基づく「擬似普遍性」を有するイデオロギーであったが、これまでの先行研究では、そうした「日本」のナショナリティの「擬似普遍化」過程をあたかも予定調和的であるかのよう(固定的)に捉え、一国史的な分析にとどまる傾向にあり、かえって当該期の無限に膨張していく「日本」のナショナリティを本質主義的に捉える一種の独善、排他的なものに陥っている。このような状況を脱するには、同理念に現れた「擬似普遍性」を有するがゆえのナショナリティの「ゆらぎ」を国内外の視点から捉える必要がある。だが、当該期の対外膨張に伴うナショナリティの「ゆらぎ」に着目した先行研究に目を配れば、「八紘一宇」理念を「空虚」「神憑り」とするような立場からの批判的な言説から迫り、その内在的分析は等閑視される傾向にある。しかし、当該期の「日本」を表徴する「八紘一宇」理念に賛美的な言説を、「神憑り」などと片づけて内在的分析を怠ってしまうのは、その「ゆらぎ」という「自己矛盾」を明らかにする上で片手落ちであり、また一種の危うさをも胚胎しているのではないか。
 以上のような問題関心に基づき、本報告では「八紘一宇」理念がその「擬似普遍性」ゆえに孕んだナショナリティの「ゆらぎ」を、同理念が被包摂国側から日本中心主義批判へと逆用された事例から捉えたい。その具体的方法としては、同理念の「擬似普遍性」を如実に体現した国際秩序観を唱え、それを真の「普遍性」たらしめんと太平洋戦争末期は華北を中心に活動した藤澤親雄(1893-1962)の思想と行動を押さえつつ、その思想的「同志」であった中国人留学生などによる同認識の内破論理を分析する。また、本報告で取り上げる中国人は、いずれも華北の対日協力当局を「支持」していたが、彼等が占領者への単なる協力にとどまらずに「理念的一体化」まで行った背景と「効果」を、汪兆銘政権内における華北の特異性に着目し考察したい。そして「八紘一宇」理念の内在的亀裂を明らかにし、天皇を戴いて膨張し続けた近代日本の「極限形態」それ自体に孕まれたナショナリズムの逆説を明示したい。
〇主要参考文献
安部博純『日本ファシズム論』(影書房、1996年)
長谷川亮一『「皇国史観」という問題』(白澤社、2008年)
朴尚洙(崔裕梨訳)「日中戦争期における中国人協力者(Chinese Collaborators)」(『中国研究月報』第66巻第11号、2012年)
PageTop

2021年1月19日(火)の例会予告


題目: 丸山眞男の「民」観の変遷―変革の主体は「市民」か「大衆」か―
発表者:  関西学院大学法学研究科研究員 平石知久
日時: 2021年1月19日(火)18時~
場所: Zoomでオンライン開催(参加希望者は前日までにshisoshiken@gmail.comにご連絡ください。)

 戦後民主主義の理論的旗手であった丸山眞男は、その担い手として「近代的主体」を想定していた。南原繁らオールドリベラリストの強固な内面を評価した丸山は、西洋近代的な「市民」の存在を重視していたと理解される。そしてその「市民」という概念には政治という公的なものへの参与が伴う。
 しかし吉本隆明からの批判に代表されるように、ここには私的なものの存在が軽視される結果になる。それは現代の視点から見れば、男性の公的生活を支えるために私的空間に抑圧されてきた女性の解放を求めるフェミニズム論からの批判を免れない限界を持つ。
 本報告では、ある特定の集団としての人々―便宜上ここでは「民」とする―に対して、丸山は政治上どのような役割を期待していたのか、そしてそれはどのように変化して来たのかを時系列的に整序する。これにより、「市民」や「国民」を重視する丸山とは別の、私的側面、ひいては「大衆」を重視する丸山の側面を描くことを企図する。

参考文献
飯田泰三『戦後精神の光芒 丸山眞男と藤田省三を読むために』,みすず書房,2006
池田元『山思想史学の位相―「日本近代」と民衆心性』, 論創社,2004
大隅和雄(著),平石直昭(編)『思想史家 丸山眞男論』, ぺりかん社,2002
田中久文『丸山眞男を読みなおす』,講談社・選書・メチエ,2009
西村稔『丸山眞男の教養思想』,名古屋大学出版,2019
間宮陽介『丸山眞男を読む』,岩波現代文庫,2014
丸山眞男『丸山眞男全集』(特に第三巻以降), 岩波書店,1996
丸山眞男『丸山眞男座談』(特に第一巻),岩波書店,1998
丸山眞男『丸山眞男講義録』第四冊,東京大学出版会,1998
吉田傑俊『丸山眞男と戦後思想』,大月書店,2013
PageTop

2021年1月12日(火)の例会予告

題目: 「柳田ブーム」と「国家神道」論―1970年代の動向をめぐって―
発表者:  佛教大学大学院文学研究科 渡 勇輝
日時: 2021年1月12日(火)18時~
場所: Zoomでオンライン開催(参加希望者は前日までにshisoshiken@gmail.comにご連絡ください。)

主旨:
 柳田国男(1875-1962)の提示した「固有信仰」論は、民族的宗教としての「神道」概念を強固にして、戦後日本において「国家神道」に代わる機能をもったとされている。柳田の言説が戦後神道に影響力をもったことは間違いないが、この問題をさらに進めるためには、柳田のテキスト分析とともに、柳田がいかに再発見されてきたのかという同時代的な文脈にも注意する必要があるだろう。
 近年、村上重良の「国家神道」論が1970年代の時代状況のなかから読みなおされるにあたって、本報告では「柳田ブーム」と呼ばれる現象がまさにこの時代に展開してきたことに注目する。このような潮流がいかに連関していたのか、同時代状況の把握を試みたい。

参考文献:
井上寛司『日本の神社と「神道」』(校倉書房、2006年)
福田アジオ『現代日本の民俗学―ポスト柳田の五〇年』(吉川弘文館、2014年)
村上重良『国家神道』(岩波新書、1970年)
安丸良夫・喜安朗編『戦後知の可能性―歴史・宗教・民衆』(山川出版社、2010年)
山口輝臣編『戦後史のなかの「国家神道」』(山川出版社、2018年)
PageTop

2020年12月22日(火)例会の予告

題目: 戦後日本におけるラディカル・デモクラシーの可能性―一九六〇年代における吉本隆明の革命幻想と新左翼
発表者:  神戸大学人文学研究科 王小梅
日時: 2020年12月22日(火)18時~
場所: Zoomでオンライン開催(参加希望者は前日までにshisoshiken@gmail.comにご連絡ください。)
                    
〇要旨
 本報告では、一九六〇年代において、初期新左翼思想形成に大きく関わっていた批評家・吉本隆明(1924-2012)の革命幻想と大衆思想を、「市民と大衆」との交錯の中で、戦後日本におけるラディカル・デモクラシーの可能性として、新たに考察したい。ラディカリズムを中心的特徴とする新左翼と吉本の革命思想との関連性(影響と対立との双方をも含めて)を探り、その政治思想の位置づけを検討する。
 新左翼の政治運動をめぐって、「若者の過剰なエネルギーの発現」、「世代間の対立」、「青年期のアイデンティティ・クライシス」などとして捉えられ、社会学、心理学的解釈が数多くなされている(大嶽、2007)。例えば、小熊英二の考察によれば、吉本が日本戦後民主主義を激しく批判したのは、戦時中に兵役忌避者としてのトラウマによるものだと考える。こうした論考に関して、新左翼運動の「政治的意味を極少化する」おそれも指摘されている。また安保闘争は敗北として総括され、その思想史的意義は後景に退けられている。学術研究の場合、六〇年代の「市民」の論理は新左翼のラディカリズムを凌駕したようにも見える。それは、吉本のようなイデオローグを含めた当事者たちが、革命組織内部における権力闘争や暴力行動の行き過ぎなどに関して、責任倫理の次元での応答を十分になしえなかったため、時間の経過とともに、運動自体が遠い過去の出来事となりつつあるところに起因する。
しかし吉本は安保闘争において、「擬制の終焉」(1960)、『丸山真男論』(1963)、「情況とはなにか」(1966)など一連の批評文で、進歩性批判の標的になった丸山眞男に代表される正統的な市民主義知識人を敵視することによって、アカデミズムに抵抗する「在野知識人」としての確立していったことは事実である。思想的は、「革命幻想」から生まれ、のちに強い喚起力をもつ造語「大衆の原像」にいたる「大衆の生活思想」を根本としたことが、吉本が大衆社会に訴求力を持ちえた理由であろう。
 以上のような問題点を踏まえて、吉本による市民の論理への異議申し立てや戦後民主主義批判と革命幻想から、戦後民主主義理論の射程を見定めたい。

〇主要参考文献
大嶽秀夫『新左翼の遺産 ニューレフトからポストモダンへ』東京大学出版社、2007
絓秀実『吉本隆明の時代』作品社、2008
千葉真『ラディカル・デモクラシーの地平 ――自由・差異・共通善――』新評論、1995
『吉本隆明全著作集』全15巻 勁草書房、1968-1975
絓秀実『増補 革命的な、あまりに革命的な』ちくま学芸文庫、2018
安藤丈将『ニューレフト運動と市民社会』世界思想社、2013
小熊英二『<民主>と<愛国>戦後日本のナショナリズムと公共性』新曜社、2002
PageTop