日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2018年4月17日(火)例会予告

今年度から例会の時間は毎週火曜日の18:00へ変更いたしました。


論題:近代儒学の誕生をめぐって―井上哲次郎の江戸儒学三部作を中心に―

報告者:古文英

要旨:

「井上哲次郎の江戸儒学三部作」とは、いずれも富山房から刊行された井上哲次郎の『日本陽明学派之哲学』・『日本古学派之哲学』・『日本朱子学派之哲学』の三つの著作を指す。明治三十年代にこの三部作と比肩しうる徳川思想史は他に例をみないと高く評価されている。本発表は、井上によって三部作の執筆背景、特徴的な研究法、位置づけなどを検討し、三部作が作られたことの意味を考察するものであります。

参考文献
井上哲次郎『日本陽明学派之哲学』、富山房、1900年
井上哲次郎『日本古学派之哲学』、富山房、1902年
井上哲次郎『日本朱子学派之哲学』、富山房、1905年
井上哲次郎『井上哲次郎自伝』、富山房、1973年
大島晃「井上哲次郎の「東洋哲学史」研究と『日本陽明学派之哲学』」、『陽明学』9、1997年
大島晃「井上哲次郎の「東洋哲学史」研究」、『ソフィア:西洋文化ならびに東西文化交流の研究』、1996年10月
町田三郎「井上哲次郎ノート―漢学三部作を中心にして」、『中村璋八博士 古稀記念 東洋学論集』、汲古書院、1996年、963頁
井ノ口哲也「井上哲次郎の江戸儒学三部作について」、『東京学芸大学紀要 人文社会科学系Ⅱ』60、2009年
など

以上でよろしくお願いいたします。
PageTop

2018年度新歓講演会・花見大会・ML整理につきまして

【新入生歓迎会】
① 新入生歓迎講演会(新入生無料)

日時:4月3日(火) 16時00分〜17:00
場所:究論館1F プレゼンテーションルームA
講演者:石運(セキウン)
タイトル:「反徂徠学」の文脈からみる徂徠と楊慎

講演会の後、今年度前期例会の全体テーマ及び報告の日程について簡単な打ち合わせを行いたいと思います。
本日の打ち合わせでは、「近代儒学の誕生をめぐって」というテーマを提案致しましたが、その具体的な進め方等を当日検討する予定のため、より多くの方々にご参加いただけるようお願い致します。

② 花見大会

日時:4月3日(火) 18時〜
場所:平野神社 花見処ひさご
お酒と食べ物はこちらからある程度のご用意を致しますが、もしお一人で一品ほどの料理をご持参いただければ助かります。
*予約人数の調整可能期限は3日前までとなっているため、出欠の返事は至急に下記の所にご記入するようお願い致します。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfHu9etHIyiHDcUTfGpn-t4e2egVUXllMMsiM0zI9wyRUbdVg/viewform?usp=pp_url&entry.1498135098&entry.2606285

【メーリングリストの更新について】
 この度、思想史研究会メーリングリストのメンテナンスを機に、メンバー情報を整理・更新しました。
本会のメールからの送信が不要な方、メールアドレスを変更したい方、お知り合いの内にメールが届かなくなってしまった方がいらっしゃいましたら、
大変お手数ですが、管理人メールshisoshiken@gmail.comまでご連絡ください。

急なご連絡で恐縮でございますが、皆さまのご参加をお待ちしております。


20180328_092549089_iOS.jpg
PageTop

新年度の打ち合わせについて

会員の皆様

日本思想史研究会のMLは只今システムメンテナンス中のため、
しばらく使えなくなりまして、代わりにブログ及びTwitterにより、新学期の打ち合わせについてお知らせいたします。

打ち合わせの詳細は下記の通りでお知らせいたします。

時間:2018年3月28日(水)14:00
場所:究論館1Fプレゼンテーションルーム
内容:2017年度の会計報告、2018年度新会長の選挙、2018年度例会の運営形式

ぜひ奮ってご参加ください。
PageTop

例会日程調整のお知らせ

後期の残りの報告日程に関して調整が行われたので、
その件についてご連絡させていただきます。
調整後の報告日程は下記の通りになります。

****************************
12月14日 李氏(無変更)
12月21日 中止
01月11日 平石氏、全氏(お一人1時間ほどの報告で、18時開始)
01月18日 なし 
01月25日 路氏、松川氏(お一人1時間の報告で、18時開始)
****************************

今年度の例会はあと三回で終わりますが、
引き続きよろしくお願いいたします。
PageTop

12月7日 例会報告

論題:戦後の歴史学における政治史・国家史に関する史学史的検討の覚書
報告者:山口一樹

要旨:本報告では、戦後歴史学における政治史・国家史を中心に検討する。戦後歴史学における政治史は人民闘争史として出発し、

   井上清の帝国主義研究や中村政則の国家史などが登場し、戦後歴史学における「政治史」を構成した。とはいえ、その後に
   おいて戦後歴史学における「政治史」は自己解体していったように思える。今回は、戦後歴史学のみならず実証主義歴史学
   における政治史、そして戦後歴史学の非主流派としての信夫清三郎の系譜を跡付けつつ、それについて検討したい。

参考文献
犬丸義一「階級闘争史研究の方法論」階級闘争史研究会編『階級闘争の歴史と理論』1巻、青木書店、1981年
上野輝将「『昭和史』論争の方法的意義」『日本史研究』269号、1895年
永井和「江口圭一論」『歴史学研究』580号、1988年
渡辺治「近代天皇制・天皇論の課題」歴史科学協議会編『歴史学が挑んだ課題』大月書店、2017年
PageTop